パンダコラム

ローンアドバイザーが教える『ちょっと知っておいた方がいい』勉強会㉟相続したマンションの管理費修繕費未納について

2015/12/28

被相続人様が生前、不動産投資を行っていた場合、被相続人様の居住外投資マンションを

相続されるケースも多々あると思います。

 

 

この様な自己居住外の不動産につきましても、パンダローンや他社不動産担保ローン会社でも

担保ローンの担保物件として取り扱いをさせて頂いております。

 

 

マンションの築年数、立地、間取り、マンション管理形態等で融資金額や融資条件はそれぞれ変動はございますが、

マンション管理費や修繕積立金に未納がある場合は未納金完納が不動産担保融資必須条件となります。

 

 

対象となるマンションの謄本をみれば銀行からの借入、税金未納の有無が大体把握できますが

マンションの管理費・修繕積立金の未納分は案外見落としがちになる隠れ債務かとおもいます。

 

 

結構このマンション管理費、修繕費の未納額が大きい場合があります。

 

例えば管理費修繕費が月額25,000円で3年間(36ヶ月間)を未納していた場合は

90万円の未納となりプラス遅延金が加算されます。

 

 

相続人にとって相続された不動産を売却されたりマンション投資を

継続されたりとさまざまだと思いますが、

先日は投資マンションを相続し引き続きマンション投資を行う相続人様に

リフォーム費用と管理費修繕費未納分を融資させていただきました。

 

 

 

このような融資も十分可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

事例編㊽ 上杉達也の質問38『不動産の名義変更はしなくてはならない?』

2015/12/17

 

不動産は遺産の中で一番大きな存在と言われています。

不動産の名義を変えるのは簡単ではありません。

今回のテーマは不動産の名義変更についてです。

 

 

 

「上杉達也の質問」

 

 

先日、親父が亡くなりました。

親父の遺産をどうするかで困っています。

因みに相続税の申告を行う必要はないです。

 

 

親父の遺産を相続するのは私上杉達也と弟の和也です。

 

 

私と和也でなかなかどちらの名義にするか、または共有にするかなどの合意がとれません。

なかなか合意がとれる目処がたちません。

 

 

そこで質問です。

 

 

遺産不動産の名義変更は行わなくてはなりませんか?

 

折り合いがつかないので、不動産の名義を親父のままにしておこうかとは思います。

 

 

 

「パンダ回答」

 

 

不動産の名義変更の義務はありません。

 

 

しかし、その不動産を売却したり、ローンを借りたりするなどする場合は、名義を変更しておかないといけません。

 

 

名義を変えずに放置しておくと、いざ変えようとするときに相続人が増えていて、大変なことになることがあります。

不動産名義は早めに変更しておくことをお勧めします。

 

以上。

 

事例編㊼ 上杉達也の質問37 『相続手続きはいつまでに?』

2015/12/10

 

相続手続きは煩雑で簡単ではありません。

そんな手続きをいつまでに行わなくてはならないかというのは気になるところです。

今回は相続手続きの期限がテーマです。

 

 

 

「上杉達也の質問」

 

先日、親父が亡くなりました。はやいもので2か月が経過しました。

 

親父の遺産を相続するのは私 上杉達也と弟の和也です。

いまだ遺産の話合いはしていません。

兄弟で遺産の話をするのに抵抗もあって、相続の手続きは全く行えていません。

 

気になることがあります。それは、相続の手続きをする期限についてです。

私も和也もこのまま相続手続きを行うことなく、ズルズルと時間が経過しそうです。

 

 

そこで質問です。

 

 

相続手続きの期限はありますか?

 

 

 

「パンダ回答」

 

 

相続手続きの期限はあります。

 

 

相続放棄 3か月 

準確定申告4か月

相続税の申告、納税 10か月となります。

 

 

 

これらの手続きはすべての方に関係してくるものではありません。

 

以上。

1 2 3 4 5 6 28

お問い合わせ・ご相談

パンダローン

ワンコのワンストップ相続相談室

パンダコラム