パンダローン

私はこうして問題解決しました 事例集

①相続税を借りて、期限内納税をしたAさん

被相続人(亡くなった方) お父様 相続人 Aさんと妹様 遺産が不動産がほとんどで納税資金がない
Aさんはお父様を亡くされました。遺産は不動産がほとんどです。相続税の納税期限が相続開始から10か月以内と知り困っていました。遺産に現金があまりなく、不動産を売却して納税資金を確保しようと思っていました。しかし、すぐに不動産を売却できる見込みも、また、期限に迫られて安売りするのも納得がいかないと思っていました。そんな折に当パンダローンを活用し、相続税を期限内に納付できました。

②ハンコ代を借りて、円満相続

被相続人(亡くなった方) お母様 相続人 Bさんと弟様 遺産 自宅 お母様とBさま同居していた自宅 弟にハンコ代を要求されてコマッタ
Bさんはお母様を亡くされました。相続人はBさんとBさんの弟様です。遺産はお母様とBさん家族が同居している自宅です。 Bさんの弟様はBさんが自宅を相続することには賛成です。しかし、遺産分割協議書にハンコを押すので、そのハンコ代(代償金)を要求をされました。しかし、Bさんはハンコ代を用意できませんでした。 Bさんはホトホト困り果てていました。そんな折に当パンダローンを活用して弟様にハンコ代を支払い、円満相続になりました。

③葬儀代を借りて支払いできました

被相続人(亡くなった方) ご主人様 相続人 Cさんと娘様 預金が凍結されてお金を引き出せない 葬儀代は払えない
Cさんはご主人様を亡くされました。相続人はCさんと学生の娘さんです。Cさんは葬儀代や宗教者様への支払いをしようと銀行に行きました。しかし、ご主人様名義の預金口座は凍結されており、お金を引き出すことが出来ませんでした。預金凍結解除するのには3週間程度掛かる見込みです。Cさんは葬儀代などの支払いをどうしようか困っていました。そんな折、パンダローンを利用し、葬儀代等の支払いを行い、預金凍結解除後にパンダローンの返済することができました。

④共有名義の問題が解決できました。

被相続人(亡くなった方) お父様 相続人 Dさん 叔父さんと共有不動産 共有問題を白黒つけたい
Dさんはお父様を亡くされました。相続するのはDさん一人です。しかし、Dさんのお父様が所有していた自宅はDさんの叔父さん(お父様の弟)と共有名義でした。今後、建替えや売却を視野に入れるとこのまま共有名義にしておくのは得策ではないと判断しました。そこで、Dさんは叔父さんから持分を買取ることを提案しました。叔父さんもその提案を承諾し、Dさんは叔父さんの持分を買取りを行うことを決めました。しかし、持分を買う為の資金調達ができませんでした。そんな折パンダローンを活用することを提案され、無事に叔父さんの持分を買取ることができました。共有問題を白黒つけることが出来ました。

お問い合わせ・ご相談

パンダローン

ワンコのワンストップ相続相談室

パンダコラム